MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト
ホーム > 製品特集 > キー配列について

キー配列について

外付けのキーボードは、日本語配列(JIS配列)のフルキーボードが一般的である。キーボードを購入する際に、気をつける点として日本語配列キーボードか、英語配列キーボードか確認する必要がある。一般的には日本語キーボードが多いが、一部ゲーミングキーボードや、ECサイトのキーボードなどは英語配列キーボードの場合もある。

日本語配列・英語配列について

日本語配列キーボードは、英語配列キーボードと違い「半角/全角」「無変換」「変換」「カタカナ/ひらがな」のキーがある。英語では必要のないキーのため、英語配列にはキーが存在しない。「半角/全角」などは日本語で多用されるため、日本では日本語配列キーボードが一般的である。

 

他に、キーの並び方・キーの大きさなどの違いがある。英語配列は、「;/:」、「’/”」、「[」「]」、「+」「-」などが同じキーや隣りのキーにある。「スペースキー」は、「無変換」「変換」「カタカナ/ひらがな」がない分、大きい。「バックスペースキー」や「右Shiftキー」なども大きい。「Enterキー」は日本語配列は逆L字型で、英語配列は横長である。よく使うキーでは「@」が位置も違い、日本語配列はそのまま入力できるが、英語配列ではShiftキーとの合わせ押しになるなどの違いもある。

 

 

・サポート情報

キーボード:OS側の配列設定

 

・日本語配列 / 英語配列キーボード

ARCHISS Maestro / ARCHISS Quattro / ARCHISS ProgresTouch
Mistel キーボード

 

・日本語配列キーボード

ARCHISS INTRO

MOBO Keyboard 2

 

・英語配列キーボード

LEOPOLD キーボード
VORTEX キーボード

日本語配列・英語配列のメリット

・日本語配列のメリット

– かな入力ができる(かな印字がキーに刻印されているものが多い)
-「半角/全角」「無変換」「変換」「カタカナ/ひらがな」のキーがある
– エンターキーが大きい
– 日本のどこでも、慣れた配列で使える

 

日本語配列は、日本で一般的なキーボードなので、公共施設・学校・会社などでキーボードを使う際や、ノートPCなどでも、慣れた配列でつかえる。また、かな入力ができるため、ローマ字入力よりも速い入力が可能。

 

 

・英語配列のメリット

– ホームポジションから右側のキーが近い(Enter、右Shift、バックスペースなど)
-「;/:」、「’/”」、「[」「]」、「+」「-」などが同じキーや隣りのキーにある
– スペース、右Shift、BackSpaceが大きい
– グローバルスタンダード

 

英語配列は、記号キーの並び方やスペースキーが大きいため、英語を入力したい人だけでなく、プログラマーやエンジニアなどの、英字や記号キーを多く使う方が使う傾向がある。また、右側のキーが大きいため、小指が届きやすくホームポジションが崩れにくい。

 

※英語配列キーボードは、「Alt +`(バッククオート)」で、IME切り替えが可能。(Windows初期設定状態かつハードウェアキーボードレイアウト設定を「英語キーボード(101/102キーボード)」になっている場合)
※英語配列キーボードを購入し、OS側が日本語配列キーボードになっていると、物理配列と論理配列のズレができるため、キーボードの印字通りに入力できない場合がある。英語配列キーボードに買い替えた場合などは、注意をする必要がある。

物理配列・論理配列について

キーボードには、様々なキー配列(キーの並び方)・大きさ・機能のキーボードがある。この中のキー配列(キーの並び方)には、主に「物理配列」と「論理配列」の2つの要素がある。

物理配列について

物理配列とは、日本語配列(JIS配列)・英語配列(US ANSI配列)のような言語に合わせた配列、フルキーボード・テンキーレスキーボードのようなサイズに合わせた配列など、キーがどのように物理的に並んでいるかをいう。

 

106/109個のキー(一般的な日本語キーボードの場合)があり、キーの間隔が約19mm、キーを行ごとに少しずらして配置、キーの並び方なども、物理配列に含まれる。

特殊なものとしては、左右分離型キーボード、格子状の配列、キー同士の間隔が小さいなども、物理配列に含まれる。

 

ARCHISSキーボードでは、フルキーボード、テンキーレスキーボード、コンパクトキーボードを中心とした、サイズ展開をしている。
キーボードを小さくしてなくなったキーの、ほとんどはFnなどとの合わせ押しで入力が可能。小さいキーボードは、マウスなどで利用できる机上のスペースが広くなるので、自分がどのキーを多用するかに合わせて、キーボードのサイズを選ぶことができる。

 

・フルキーボード
ARCHISS Maestro / ARCHISS ProgresTouch

 

・テンキーレス / スペースセービング キーボード
ARCHISS Maestro / ARCHISS Quattro / ARCHISS ProgresTouch
LEOPOLD キーボード

 

・コンパクト キーボード
ARCHISS ProgresTouch / ARCHISS INTRO
LEOPOLD キーボード
VORTEX キーボード
MOBO Keyboard 2

 

・左右分離型コンパクト キーボード
Mistel キーボード

論理配列について

論理配列とは、どのキーがどの文字に対応するかの配列をいう。

 

物理配列とは別に、物理的なキーを押した際に、何が入力されるを決めるのが論理配列である。つまり、パソコンやキーボードのファームウェアなどが、文字キー(A、B、C …など)や、機能キー(Ctrl、Alt、Shiftなど)の入力や対応を決めるのが論理配列である。

 

論理配列のアルファベット部は、英語圏やローマ字入力では主に「QWERTY配列」、その他に「QWERTZ配列」「AZERTY配列」、日本語圏では「かな入力のJIS配列」など、さまざまな論理配列がある。アルファベット部でもQWERTY配列以外に、Dvorak配列やColemak配列などもある。

 

マクロ機能やシフトキーやFnキー(ファンクションキー)などの合わせ押しも、論理配列を変え、別の入力をするもので、論理配列の一部といえる。

ハードウェア・ソフトウェアの配列

論理配列には、キーボード側の配列と、パソコン側の配列がある。キーボード側の配列を、ハード側の論理配列とすると、パソコンがOS側で決めている配列が、ソフト側の論理配列となる。

 

ハードウェアマクロなどはキーボード側の論理配列で、基本的なパソコン側の設定が同じであれば、パソコンが変わってもキーボードでマクロ設定した配列を利用できる。ソフトウェアマクロなどは、パソコン側で論理配列が設定されているため、パソコンが変わると、それぞれのパソコンでソフトウェア設定やマクロ設定が必要になる。

キーボードが入力される仕組み

パソコンのキーボードは、例えば「A」のキーを押した場合、「A」という文字の文字コード(Unicodeなど)をキーボードが直接パソコンに送るわけではない。

 

物理配列で「A」と印字されているキーを押しました(Make)・離しました(Break)というスキャンコード(例:Aに対応するスキャンコード1E)が、PS2やUSBなどのインターフェースを通して、キーボード側からキーボードデバイスドライバー・キーボードレイアウトDLLに送られる。

 

キーボードデバイスドライバー・キーボードレイアウトDLLは、スキャンコードを仮想キーコードに変換し、OS側に送信する。OS側は仮想キーコードを一般的なUnicode等に変換して、キーメッセージ・キーイベントとして、アプリケーション等に送り、何が入力されたかを判断し、実際に「A」を表示する。

一般的なキーボードの設定

Windowsでの配列設定

Windowsでは「Windowsの設定」-「時刻と言語」-「優先する言語-日本語-オプション」-「ハードウェアキーボードレイアウト-レイアウトを変更する」から、「日本語キーボード(106/109キー)」と「英語キーボード(101/102キー)」の設定できる。

 

一般的なキーボードでは物理配列・論理配列が共にあらかじめ決められているため、日本語配列か、英語配列かを選択することで、基本的な設定は完了する。

 

 

・サポート情報

キーボード:OS側の配列設定

Macでの配列設定

Macでは、キーボードを接続すると「キーボード設定アシスタント」が起動し、左Shiftキーの隣のキーと、右Shiftキーの隣のキーを押し、利用しているキーボードの種類を選択することで、利用しているキーボードの配列を設定する。