MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト

サポート情報

ホーム > サポート情報 – 検索結果

検索結果

Q
Cardo
これまでのファームウェアアップデート(リリースノート)の内容を知りたい
A
3.2 SENA製インカムとのインカムペアリングの簡略化 最新世代SENA製インカムとのインカムペアリングがとても簡単に行えるように改善されました。今まではSENA製インカムはユニバーサル接続でペアリングを行う必要がございましたが、このアップデートにより最新世代SENA製インカムの操作はSENA同士をペアリングする方法でCardoとSENAが接続することが可能となりました。 なおCardo側はインカムとのペアリング操作を行うだけで自動検知されます。 ペアリング方法 1. 両方の本体ユニットの電源を入れる 2. Cardoはインカムのペアリング操作を本体またはCardo Connectアプリで実施する (本体LEDが赤色の高速点滅状態になる) 3. SENAはSENA同士のインカムのペアリング操作を実施する 4.CardoとSENAのペアリングが完了するまでお待ちいただく 5. ペアリングが完了すると、Cardo本体のLEDは青色LEDのゆっくりとした点滅に変わる 通話方法 1. ペアリングされた2台の電源を入れておく 2. どちらからでもいいので、インカム通話開始操作を実施する 3. ビープ音が鳴り、通話が開始される 4. 通話終了はインカム通話終了操作をどちらかで実施する 注意点 ・こちらの機能はSENA側のチップがBluetooth4.1以下の機器は対象外となります。今までと同様にSENA側はユニバーサル接続を実施しご使用ください。 ・音楽の共有を行うことは出来ません。 ・iPhoneでは聞きながら通話することは出来ません。 ・通話しながらの音楽再生は機器によって動作しない場合がございます。 ・今回の接続はBluetooth接続となります。メッシュ接続は未対応です。 3.1 1.Android13(Tiramisu)のスマートフォンでの重大なバグの修正対応 Android13で発生しているBluetoothの脆弱性に伴うCardo Connectアプリの接続問題を解決することが可能となりました。Android13の場合アプリが立ち上がらないため、「いつでもアップデート」を行うことは出来ませんので、以下の2つの方法でアップデートをお願いいたします。 方法1:Android 13以外の携帯電話を経由する場合 1. 本体ユニットとiPhoneまたはAndroid13以外の携帯電話をペアリングする 2. カルドコネクトモバイルアプリのダウンロードとインストール 3. アプリを起動し、画面上の指示に従ってアップデートを実施する 方法2:ノートパソコン/デスクトップ接続による方法 1. WindowsまたはmacOSが動作するデスクトップまたはノートパソコンにUSBタイプCケーブル(箱に同梱されているものなど)を接続する 2. Cardo Updateを起動、画面の指示に従ってアップデートを実施する 2.風切り音のバグ修正 マイクから入ってくる風切り音が強く聞こえなくするようにバグを修正しました。 3.その他バグ修正 3.0 1.Open Bluetooth Intercom (Obi)への対応 本機は、Cardo、Midland、UClear の対応機器が相互にシームレスに通信できる業界横断的な新規格である Open Bluetooth Intercom (Obi) に対応しました。Obiは、対応機器とペアリングすると自動的に有効になります。 ※Open Bluetooth Intercom(Obi)とは Bluetooth対応のデバイス間で直接二重通信を行うために設計されたHFP(Bluetooth Handsfree Profile)のさまざまな拡張機能を特徴としており、Bluetoothインターコム市場における、異なるブランドの相互運用性を高めるものです。購入するインカムブランドを、ライダー仲間と合わせる必要がなくなります。 2.ユニバーサルペアリングの簡略化 他社Bluetoothインカムと、よりシームレスに接続できるようになりました。Cardoユニットは通常通り、Bluetoothモードでペアリングするだけです。他社インカムのユニットは、“ユニバーサルペアリング “を実施するだけでペアリングすることが可能です。もう、他社インカムとのペアリングで悩むことはありません。 ※他社インカムにユニバーサルペアリング機能が搭載されていない場合、従来通り他社インカム側は「携帯電話とのペアリング」を行って下さい。 3.WeChat、WhatsApp、Skypeのボイスメッセージの改善 WeChat、WhatsApp、Skypeのアプリでボイスメッセージを再生する際バグがありましたが、改善されました。 4.無線機などの双方向ラジオの同時試聴 通常、Bluetooth対応の無線機をCardo製品に接続する場合(電話のペアリング経由)、他のチャンネルで通話中の無線機を聞くことができないか、タイムラグが発生していましたが、片方のチャンネルで通話中に、もう片方のチャンネルで電話/無線機の通話を開始または受信することが可能となりました。 (主な使用例として無線機のみを挙げております) この機能を有効にするため、アプリ内に専用の項目を追加しました。 2.2 1. Freecom 4x のユーザーは、Packtalk Edge と同等の自然な音声操作のパフォーマンスを新たに向上させることができます。 2. 音楽とインカムのオーディオミキシングを改善しました!詳しくはカルドコネクトアプリ5.7リリースノートをご覧ください。 3. 左右のスピーカーを切り替えるオプションを追加しました。 4. 着信音の音量が小さい問題を解決しました。 5. 以下のようにTFTとの接続が改善されました:  - KTM TFTおよび他メーカーのTFTで、Hey Siriがシームレスに動作するようになりました。  - Ducati TFTおよび一部の他社製TFTに接続した際の通話音声に関する問題を解決。  - Ducati TFT および一部の他社製 TFT に接続した場合のペアリングに関する問題を解決しました。  - Ducati TFT および他社製 TFT 接続時の音楽再生に関する問題を解決。 6. ソフトウェアの改善は、バグの除去なしには完了しません。これでバイザーはきれいになり、問題なく使用できるはずです。
Q
Cardo
これまでのファームウェアアップデート(リリースノート)の内容を知りたい
A
3.2 SENA製インカムとのインカムペアリングの簡略化 最新世代SENA製インカムとのインカムペアリングがとても簡単に行えるように改善されました。今まではSENA製インカムはユニバーサル接続でペアリングを行う必要がございましたが、このアップデートにより最新世代SENA製インカムの操作はSENA同士をペアリングする方法でCardoとSENAが接続することが可能となりました。 なおCardo側はインカムとのペアリング操作を行うだけで自動検知されます。 ペアリング方法 1. 両方の本体ユニットの電源を入れる 2. Cardoはインカムのペアリング操作を本体またはCardo Connectアプリで実施する (本体LEDが赤色の高速点滅状態になる) 3. SENAはSENA同士のインカムのペアリング操作を実施する 4.CardoとSENAのペアリングが完了するまでお待ちいただく 5. ペアリングが完了すると、Cardo本体のLEDは青色LEDのゆっくりとした点滅に変わる 通話方法 1. ペアリングされた2台の電源を入れておく 2. どちらからでもいいので、インカム通話開始操作を実施する 3. ビープ音が鳴り、通話が開始される 4. 通話終了はインカム通話終了操作をどちらかで実施する 注意点 ・こちらの機能はSENA側のチップがBluetooth4.1以下の機器は対象外となります。今までと同様にSENA側はユニバーサル接続を実施しご使用ください。 ・音楽の共有を行うことは出来ません。 ・iPhoneでは聞きながら通話することは出来ません。 ・通話しながらの音楽再生は機器によって動作しない場合がございます。 ・今回の接続はBluetooth接続となります。メッシュ接続は未対応です。 3.1 1.Android13(Tiramisu)のスマートフォンでの重大なバグの修正対応 Android13で発生しているBluetoothの脆弱性に伴うCardo Connectアプリの接続問題を解決することが可能となりました。Android13の場合アプリが立ち上がらないため、「いつでもアップデート」を行うことは出来ませんので、以下の2つの方法でアップデートをお願いいたします。 方法1:Android 13以外の携帯電話を経由する場合 1. 本体ユニットとiPhoneまたはAndroid13以外の携帯電話をペアリングする 2. カルドコネクトモバイルアプリのダウンロードとインストール 3. アプリを起動し、画面上の指示に従ってアップデートを実施する 方法2:ノートパソコン/デスクトップ接続による方法 1. WindowsまたはmacOSが動作するデスクトップまたはノートパソコンにUSBタイプCケーブル(箱に同梱されているものなど)を接続する 2. Cardo Updateを起動、画面の指示に従ってアップデートを実施する 2.風切り音のバグ修正 マイクから入ってくる風切り音が強く聞こえなくするようにバグを修正しました。 3.その他バグ修正 3.0 1.Open Bluetooth Intercom (Obi)への対応 本機は、Cardo、Midland、UClear の対応機器が相互にシームレスに通信できる業界横断的な新規格である Open Bluetooth Intercom (Obi) に対応しました。Obiは、対応機器とペアリングすると自動的に有効になります。 ※Open Bluetooth Intercom(Obi)とは Bluetooth対応のデバイス間で直接二重通信を行うために設計されたHFP(Bluetooth Handsfree Profile)のさまざまな拡張機能を特徴としており、Bluetoothインターコム市場における、異なるブランドの相互運用性を高めるものです。購入するインカムブランドを、ライダー仲間と合わせる必要がなくなります。 2.ユニバーサルペアリングの簡略化 他社Bluetoothインカムと、よりシームレスに接続できるようになりました。Cardoユニットは通常通り、Bluetoothモードでペアリングするだけです。他社インカムのユニットは、“ユニバーサルペアリング “を実施するだけでペアリングすることが可能です。もう、他社インカムとのペアリングで悩むことはありません。 ※他社インカムにユニバーサルペアリング機能が搭載されていない場合、従来通り他社インカム側は「携帯電話とのペアリング」を行って下さい。 3.WeChat、WhatsApp、Skypeのボイスメッセージの改善 WeChat、WhatsApp、Skypeのアプリでボイスメッセージを再生する際バグがありましたが、改善されました。 4.無線機などの双方向ラジオの同時試聴 通常、Bluetooth対応の無線機をCardo製品に接続する場合(電話のペアリング経由)、他のチャンネルで通話中の無線機を聞くことができないか、タイムラグが発生していましたが、片方のチャンネルで通話中に、もう片方のチャンネルで電話/無線機の通話を開始または受信することが可能となりました。 (主な使用例として無線機のみを挙げております) この機能を有効にするため、アプリ内に専用の項目を追加しました。 2.2 1. Freecom 4x のユーザーは、Packtalk Edge と同等の自然な音声操作のパフォーマンスを新たに向上させることができます。 2. 音楽とインカムのオーディオミキシングを改善しました!詳しくはカルドコネクトアプリ5.7リリースノートをご覧ください。 3. 左右のスピーカーを切り替えるオプションを追加しました。 4. 着信音の音量が小さい問題を解決しました。 5. 以下のようにTFTとの接続が改善されました:  - KTM TFTおよび他メーカーのTFTで、Hey Siriがシームレスに動作するようになりました。  - Ducati TFTおよび一部の他社製TFTに接続した際の通話音声に関する問題を解決。  - Ducati TFT および一部の他社製 TFT に接続した場合のペアリングに関する問題を解決しました。  - Ducati TFT および他社製 TFT 接続時の音楽再生に関する問題を解決。 6. ソフトウェアの改善は、バグの除去なしには完了しません。これでバイザーはきれいになり、問題なく使用できるはずです。
Q
Cardo
これまでのファームウェアアップデート(リリースノート)の内容を知りたい
A
3.2 SENA製インカムとのインカムペアリングの簡略化 最新世代SENA製インカムとのインカムペアリングがとても簡単に行えるように改善されました。今まではSENA製インカムはユニバーサル接続でペアリングを行う必要がございましたが、このアップデートにより最新世代SENA製インカムの操作はSENA同士をペアリングする方法でCardoとSENAが接続することが可能となりました。 なおCardo側はインカムとのペアリング操作を行うだけで自動検知されます。 ペアリング方法 1. 両方の本体ユニットの電源を入れる 2. Cardoはインカムのペアリング操作を本体またはCardo Connectアプリで実施する (本体LEDが赤色の高速点滅状態になる) 3. SENAはSENA同士のインカムのペアリング操作を実施する 4.CardoとSENAのペアリングが完了するまでお待ちいただく 5. ペアリングが完了すると、Cardo本体のLEDは青色LEDのゆっくりとした点滅に変わる 通話方法 1. ペアリングされた2台の電源を入れておく 2. どちらからでもいいので、インカム通話開始操作を実施する 3. ビープ音が鳴り、通話が開始される 4. 通話終了はインカム通話終了操作をどちらかで実施する 注意点 ・こちらの機能はSENA側のチップがBluetooth4.1以下の機器は対象外となります。今までと同様にSENA側はユニバーサル接続を実施しご使用ください。 ・音楽の共有を行うことは出来ません。 ・iPhoneでは聞きながら通話することは出来ません。 ・通話しながらの音楽再生は機器によって動作しない場合がございます。 ・今回の接続はBluetooth接続となります。メッシュ接続は未対応です。 3.1 1.Android13(Tiramisu)のスマートフォンでの重大なバグの修正対応 Android13で発生しているBluetoothの脆弱性に伴うCardo Connectアプリの接続問題を解決することが可能となりました。Android13の場合アプリが立ち上がらないため、「いつでもアップデート」を行うことは出来ませんので、以下の2つの方法でアップデートをお願いいたします。 方法1:Android 13以外の携帯電話を経由する場合 1. 本体ユニットとiPhoneまたはAndroid13以外の携帯電話をペアリングする 2. カルドコネクトモバイルアプリのダウンロードとインストール 3. アプリを起動し、画面上の指示に従ってアップデートを実施する 方法2:ノートパソコン/デスクトップ接続による方法 1. WindowsまたはmacOSが動作するデスクトップまたはノートパソコンにUSBタイプCケーブル(箱に同梱されているものなど)を接続する 2. Cardo Updateを起動、画面の指示に従ってアップデートを実施する 2.風切り音のバグ修正 マイクから入ってくる風切り音が強く聞こえなくするようにバグを修正しました。 3.その他バグ修正 3.0 1.Open Bluetooth Intercom (Obi)への対応 本機は、Cardo、Midland、UClear の対応機器が相互にシームレスに通信できる業界横断的な新規格である Open Bluetooth Intercom (Obi) に対応しました。Obiは、対応機器とペアリングすると自動的に有効になります。 ※Open Bluetooth Intercom(Obi)とは Bluetooth対応のデバイス間で直接二重通信を行うために設計されたHFP(Bluetooth Handsfree Profile)のさまざまな拡張機能を特徴としており、Bluetoothインターコム市場における、異なるブランドの相互運用性を高めるものです。購入するインカムブランドを、ライダー仲間と合わせる必要がなくなります。 2.ユニバーサルペアリングの簡略化 他社Bluetoothインカムと、よりシームレスに接続できるようになりました。Cardoユニットは通常通り、Bluetoothモードでペアリングするだけです。他社インカムのユニットは、“ユニバーサルペアリング “を実施するだけでペアリングすることが可能です。もう、他社インカムとのペアリングで悩むことはありません。 ※他社インカムにユニバーサルペアリング機能が搭載されていない場合、従来通り他社インカム側は「携帯電話とのペアリング」を行って下さい。 3.WeChat、WhatsApp、Skypeのボイスメッセージの改善 WeChat、WhatsApp、Skypeのアプリでボイスメッセージを再生する際バグがありましたが、改善されました。 4.無線機などの双方向ラジオの同時試聴 通常、Bluetooth対応の無線機をCardo製品に接続する場合(電話のペアリング経由)、他のチャンネルで通話中の無線機を聞くことができないか、タイムラグが発生していましたが、片方のチャンネルで通話中に、もう片方のチャンネルで電話/無線機の通話を開始または受信することが可能となりました。 (主な使用例として無線機のみを挙げております) この機能を有効にするため、アプリ内に専用の項目を追加しました。 2.2 1. Freecom 4x のユーザーは、Packtalk Edge と同等の自然な音声操作のパフォーマンスを新たに向上させることができます。 2. 音楽とインカムのオーディオミキシングを改善しました!詳しくはカルドコネクトアプリ5.7リリースノートをご覧ください。 3. 左右のスピーカーを切り替えるオプションを追加しました。 4. 着信音の音量が小さい問題を解決しました。 5. 以下のようにTFTとの接続が改善されました:  - KTM TFTおよび他メーカーのTFTで、Hey Siriがシームレスに動作するようになりました。  - Ducati TFTおよび一部の他社製TFTに接続した際の通話音声に関する問題を解決。  - Ducati TFT および一部の他社製 TFT に接続した場合のペアリングに関する問題を解決しました。  - Ducati TFT および他社製 TFT 接続時の音楽再生に関する問題を解決。 6. ソフトウェアの改善は、バグの除去なしには完了しません。これでバイザーはきれいになり、問題なく使用できるはずです。
Q
Cardo
これまでのファームウェアアップデート(リリースノート)の内容を知りたい
A
3.2 SENA製インカムとのインカムペアリングの簡略化 最新世代SENA製インカムとのインカムペアリングがとても簡単に行えるように改善されました。今まではSENA製インカムはユニバーサル接続でペアリングを行う必要がございましたが、このアップデートにより最新世代SENA製インカムの操作はSENA同士をペアリングする方法でCardoとSENAが接続することが可能となりました。 なおCardo側はインカムとのペアリング操作を行うだけで自動検知されます。 ペアリング方法 1. 両方の本体ユニットの電源を入れる 2. Cardoはインカムのペアリング操作を本体またはCardo Connectアプリで実施する (本体LEDが赤色の高速点滅状態になる) 3. SENAはSENA同士のインカムのペアリング操作を実施する 4.CardoとSENAのペアリングが完了するまでお待ちいただく 5. ペアリングが完了すると、Cardo本体のLEDは青色LEDのゆっくりとした点滅に変わる 通話方法 1. ペアリングされた2台の電源を入れておく 2. どちらからでもいいので、インカム通話開始操作を実施する 3. ビープ音が鳴り、通話が開始される 4. 通話終了はインカム通話終了操作をどちらかで実施する 注意点 ・こちらの機能はSENA側のチップがBluetooth4.1以下の機器は対象外となります。今までと同様にSENA側はユニバーサル接続を実施しご使用ください。 ・音楽の共有を行うことは出来ません。 ・iPhoneでは聞きながら通話することは出来ません。 ・通話しながらの音楽再生は機器によって動作しない場合がございます。 ・今回の接続はBluetooth接続となります。メッシュ接続は未対応です。 3.1 1.Android13(Tiramisu)のスマートフォンでの重大なバグの修正対応 Android13で発生しているBluetoothの脆弱性に伴うCardo Connectアプリの接続問題を解決することが可能となりました。Android13の場合アプリが立ち上がらないため、「いつでもアップデート」を行うことは出来ませんので、以下の2つの方法でアップデートをお願いいたします。 方法1:Android 13以外の携帯電話を経由する場合 1. 本体ユニットとiPhoneまたはAndroid13以外の携帯電話をペアリングする 2. カルドコネクトモバイルアプリのダウンロードとインストール 3. アプリを起動し、画面上の指示に従ってアップデートを実施する 方法②:ノートパソコン/デスクトップ接続による方法 1. WindowsまたはmacOSが動作するデスクトップまたはノートパソコンにUSBタイプCケーブル(箱に同梱されているものなど)を接続する 2. Cardo Updateを起動、画面の指示に従ってアップデートを実施する 2:風切り音のバグ修正 マイクから入ってくる風切り音が強く聞こえなくするようにバグを修正しました。 3:その他バグ修正
Q
Cardo
これまでのファームウェアアップデート(リリースノート)の内容を知りたい
A

最新の英語版はコチラ

 

バージョン 3.2
SENA製インカムとのインカムペアリングの簡略化
最新世代SENA製インカムとのインカムペアリングがとても簡単に行えるように改善されました。今まではSENA製インカムはユニバーサル接続でペアリングを行う必要がございましたが、このアップデートにより最新世代SENA製インカムの操作はSENA同士をペアリングする方法でCardoとSENAが接続することが可能となりました。なお、Cardo側はインカムとのペアリング操作を行うだけで自動検知されます。

 

ペアリング方法
 1. 両方の本体ユニットの電源を入れる
 2. Cardoはインカムのペアリング操作を本体またはCardo Connectアプリで実施する(本体LEDが赤色の高速点滅状態になる)
 3. SENAはSENA同士のインカムのペアリング操作を実施する
 4.CardoとSENAのペアリングが完了するまでお待ちいただく
 5. ペアリングが完了すると、Cardo本体のLEDは青色LEDのゆっくりとした点滅に変わる

 

通話方法
 1. ペアリングされた2台の電源を入れておく
 2. どちらからでもいいので、インカム通話開始操作を実施する
 3. ビープ音が鳴り、通話が開始される
 4. 通話終了はインカム通話終了操作をどちらかで実施する

 

注意点
・こちらの機能はSENA側のチップがBluetooth4.1以下の機器は対象外となります。今までと同様にSENA側はユニバーサル接続を実施しご使用ください。
・音楽の共有を行うことは出来ません。
・iPhoneでは聞きながら通話することは出来ません。
・通話しながらの音楽再生は機器によって動作しない場合がございます。
・今回の接続はBluetooth接続となります。メッシュ接続は未対応です。

 

バージョン 3.1
1. Android13(Tiramisu)のスマートフォンでの重大なバグの修正対応
Android13で発生しているBluetoothの脆弱性に伴うCardo Connectアプリの接続問題を解決することが可能となりました。Android13の場合アプリが立ち上がらないため、「いつでもアップデート」を行うことは出来ませんので、以下の2つの方法でアップデートをお願いいたします。

 

方法①:Android 13以外の携帯電話を経由する場合
 1. 本体ユニットとiPhoneまたはAndroid13以外の携帯電話をペアリングする
 2. カルドコネクトモバイルアプリのダウンロードとインストール
 3. アプリを起動し、画面上の指示に従ってアップデートを実施する

 

方法②:ノートパソコン/デスクトップ接続による方法
 1. WindowsまたはmacOSが動作するデスクトップまたはノートパソコンにUSBタイプCケーブル(箱に同梱されているものなど)を接続する
 2. Cardo Updateを起動、画面の指示に従ってアップデートを実施する

 

2. 風切り音のバグ修正
 マイクから入ってくる風切り音が強く聞こえなくするようにバグを修正しました。

3. その他バグ修正

 

Q
OP1we ゲーミングマウス
OP1we:ファームウェアをダウンロードしたい
A

「OP1we」は、新品購入時のファームウェアバージョン:1.03 が最新版で、現在のところアップデートはありません。

Q
XM1r ゲーミングマウス
XM1r:ファームウェアをアップデートしたい
A

最新のファームウェアは以下の方法でインストールしてください。

 

■XM1r ファームウェア(Beta版)バージョン:1.9.46

https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2021/06/XM1r_Flash_Upgrade_1.9.46.zip

※「XM1」と「XM1r」のファームウェアは完全に異なります。
※ファームウェアは、一度アップデートすると以前のバージョンに戻すことはできません。

 

■1.8.154からの更新内容
– 新しいマウスホイールコード
– 修正: Slamclickfixがデフォルトでオン

 

■ファームウェアのインストール方法

1. Endgame Gear「XM1r」マウスをPCに接続する

2. 上記URLをクリックし、「XM1r_Flash_Upgrade_1.9.46.zip」をダウンロード

3. zipファイルを右クリックして「すべて展開」→「展開」
4. 展開先のフォルダで「XM1r_Flash_Upgrade_1.9.46.exe」ファイルをダブルクリック

5. 「Windows によって PC が保護されました」の画面で、「詳細情報」をクリック →「実行」
6. 下記画像のような画面が表示され、左側上部「UPDATE」の部分に新しく適用するバージョン番号、左側中部「Your XM1R is currently…」の部分に現在のバージョンが表示される

7. 「UPGRADE」をクリック、インジケーターが表示され、「Firmware upgrade is successful!」が表示されたら成功。適用されたファームウェアのバージョンが表示されます。

 

 

Q
XM1r ゲーミングマウス
XM1r:ホイール不良/スクロールがおかしい
A

「ホイールを動かしたのに反応しない時がある」「ホイールを上に動かしたのに、下にスクロールされてしまう」等のトラブルは、ファームウェア v1.9.46(2022年5月4日更新)にて改善されております。ファームウェアアップデートを行ってください。

Q
XM1 RGB ゲーミングマウス
XM1 RGB:ファームウェアをアップデートしたい
A

最新のファームウェアは以下の方法でインストールしてください。

 

■XM1 RGB ソフトウェアを立ち上げ、「UPDATE」画面にて

ファームウェアのアップデートを行ってください。(下記画像の赤丸部分)

 

Q
XM1r ゲーミングマウス
XM1r:クリックが多重入力される/「Slam Click Fix」機能について
A

■ファームウェアを最新版にアップデートしてください。アップデート方法は、上記設問「【XM1r】ファームウェアをアップデートしたい」をご確認ください。

 

■「Slam Click Fix」機能をお試しください。
XM1rには、マウスを浮かせて机に戻した際の誤クリックを防ぐ機能が搭載されております。左メインボタンとマウス裏面のCPIボタンを同時に押すことで、本機能をON/OFFできます。
裏面のインジケーターが6回点滅 → Slam Click FixがON
裏面のインジケーターが3回点滅 → Slam Click FixがOFF

※初期状態ではOFFになっています。

 

Endgame Gear公式の投稿をご参照ください(Twitter、英語)。
https://twitter.com/endgamegear/status/1386696667970392067?s=20