MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト

サポート情報

ホーム > FAQs > ARCHISS Maestro > 無変換キーと変換キーが効かなくなりました

無変換キーと変換キーが効かなくなりました

ARCHISS Maestro
2020.10.21
何かのタイミングで、macOS風最適化モードに入っている可能性はありませんか?

Maestroシリーズは、“Fn+Enter”を押すと、macOS最適化モードのON/OFFが可能です。
ON状態かどうかは、下記のLEDインジケータで確認が可能です。
・Maestro2Sシリーズの場合:スペースキー下部のLEDインジケータが緑色で点灯→ON状態
・MaestroFLシリーズの場合:キーボード右上にLEDインジケータの“macOS”のインジケータで点灯→ON状態
(※MaestroFLでは、LEDインジケータがON状態の時。インジケータ輝度調整とON/OFF の設置も併せてご確認ください。)

こちらのモード状況下で、
無変換キーは、macOSの英数キー
変換キーは、macOSのかなキー として動作します。
(※ともにWindowsOSでは、無反応/キーイベントは発生しません。)
また、F1~F3 F7~F12は、マルチメディアキー等の機能として動作します。
WindowsOSで使用する際は、OFFにしてください。

取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・Maestro2Sシリーズの場合:12~13ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2018/12/Maestro2S-ManualV1.1-web-OL.pdf
・MaestroFLシリーズの場合:12~13ページに記載
https://www.archisite.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/MaestroFL-WEBManual-ver1_0.pdf