MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト

サポート情報

ホーム > サポート情報 – 検索結果

検索結果

Q
Mistel
マクロプログラミング機能で、FnやPnキーに、別のキーやショートカットを割り当てできますか?
A
Fn/Pnキーは、マクロプログラミング機能をはじめとする、
キーボードが持つ機能を操作するためのトリガーキーであるため、
キー機能を無効にしたり、他のキー操作を割り当てることができません。

また、Fn/Pnキーを別のキー位置にリマップしたあと、
・Fnキー:Windowsキーとして動作
・Pnキー:アプリケーション/メニューとして動作
しますが、これらのキーに、別のキーやショートカットを
割り当てすることもできません。
Q
ARCHISS Maestro
F1-F12キーなどを押すと、音量調整やブラウザ起動などの動作をします。故障ですか?
A
何かのタイミングで、macOS風最適化モードに入っている可能性はありませんか?

Maestroシリーズは、“Fn+Enter”を押すと、macOS最適化モードのON/OFFが可能です。
ON状態かどうかは、下記のLEDインジケータで確認が可能です。
・Maestro2Sシリーズの場合:スペースキー下部のLEDインジケータが緑色で点灯→ON状態
・MaestroFLシリーズの場合:キーボード右上にLEDインジケータの“macOS”のインジケータで点灯→ON状態
(※MaestroFLでは、LEDインジケータがON状態の時。インジケータ輝度調整とON/OFF の設置も併せてご確認ください。)

こちらのモード状況下で、F1~F3 F7~F12は、マルチメディアキー等の機能として動作します。
WindowsOSで使用する際は、OFFにしてください。

取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・Maestro2Sシリーズの場合:12~13ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2018/12/Maestro2S-ManualV1.1-web-OL.pdf
・MaestroFLシリーズの場合:12~13ページに記載
https://www.archisite.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/MaestroFL-WEBManual-ver1_0.pdf
Q
ARCHISS Maestro
突然、左Windowsキーが効かなくなりました
A
キーロック機能がONになっている可能性がございます。
Maestroシリーズには、FPSなどのPCゲームで、誤打するとアプリケーションが
停止してしますキーを、あらかじめロックする機能があります。

●キー操作:Fn+左Windowsキー
●ON状態でロックされるキー
 ・日本語JIS配列モデル: 左Windowsキー と半角/全角キー
 ・英語US ANSI配列モデル:左Windowsキー
ON状態かどうかは、下記のLEDインジケータで確認が可能です。
・Maestro2Sシリーズの場合:スペースキー下部のLEDインジケータが赤紫色で点灯→ON状態
・MaestroFLシリーズの場合:キーボード右上にLEDインジケータの“GAME”のインジケータで点灯→ON状態
(※MaestroFLでは、LEDインジケータがON状態の時。インジケータ輝度調整とON/OFF の設置も併せてご確認ください。)

取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・Maestro2Sシリーズの場合:11ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2018/12/Maestro2S-ManualV1.1-web-OL.pdf
・MaestroFLシリーズの場合:11ページに記載
https://www.archisite.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/MaestroFL-WEBManual-ver1_0.pdf
Q
MOBO Keyboard
Bluetoothが接続できません
A
・MOBO KeyboardのBluetooth接続設定を全て削除し、端末を再起動してから、再度Bluetooth接続を説明書の手順で行ってください。 ・パソコンやタブレットのBluetoothの受信部分とキーボードの間に遮蔽物等が無いようにしてください。 ・Bluetoothのドングル等を使っている場合は、USB2.0のポートをご利用ください。USB3.0とは干渉する場合があります。 ・Bluetoothと同じ2.4GHz帯の機器をお使いの場合は干渉が起こる可能性があります。 ・WiFi1/WiFi2/USB有線接続の設定を確認し、その他の機器に接続されていない状態で設定を行ってください。 ・一旦設定が終了し、接続の履歴が残っているのに接続できない場合は、設定を一旦削除し、説明書通りの手順で再設定してください。
Q
MOBO Keyboard
日本語配列で認識されません
A
Windowsの場合 Windowsの設定を日本語配列に設定し直してください。 Windows10の場合 1. 左下のWindowsマークをタップ、もしくは画面の右端をスワイプしアクションセンターを立ち上げます。   設定のアイコン(歯車マーク)をタップし、Windowsの設定を立ち上げます。 2.「時刻と言語」をタップします。 3.「地域と言語」をタップします。 4.「言語」の「日本語」をタップし、「オプション」をタップします。 5.「ハードウェアキーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」をタップします。 6. レイアウトの設定が「英語キーボード(101/102キーボード)」になっている場合は、   「日本語キーボード(106/108キーボード)」に変更し、再起動します。 Androidの場合 Androidは販売元によりカスタマイズされているので、基本的には販売元のメーカーにご確認いただく方が確実です。 以上を踏まえた上で、操作が異なる場合がありますが、参考にしていただければと思います。 1. アンドロイドの「設定」の「言語と入力」でキーボードと入力方法等の確認   また、その辺りで設定が可能な場合がある 2. Google日本語入力等、何かIMEアプリが入っている場合は、ハードウェアのキーボードの設定を見直してください。 かな入力を行う場合には、かな入力設定が可能なアプリを入れていただく必要がある場合があります。 iOSの場合 日本語配列での認識はしません。黒背景にしてある、英語配列の印字を参考にしてください。
Q
ARCHISS Maestro
無変換キーと変換キーが効かなくなりました
A
何かのタイミングで、macOS風最適化モードに入っている可能性はありませんか?

Maestroシリーズは、“Fn+Enter”を押すと、macOS最適化モードのON/OFFが可能です。
ON状態かどうかは、下記のLEDインジケータで確認が可能です。
・Maestro2Sシリーズの場合:スペースキー下部のLEDインジケータが緑色で点灯→ON状態
・MaestroFLシリーズの場合:キーボード右上にLEDインジケータの“macOS”のインジケータで点灯→ON状態
(※MaestroFLでは、LEDインジケータがON状態の時。インジケータ輝度調整とON/OFF の設置も併せてご確認ください。)

こちらのモード状況下で、
無変換キーは、macOSの英数キー
変換キーは、macOSのかなキー として動作します。
(※ともにWindowsOSでは、無反応/キーイベントは発生しません。)
また、F1~F3 F7~F12は、マルチメディアキー等の機能として動作します。
WindowsOSで使用する際は、OFFにしてください。

取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・Maestro2Sシリーズの場合:12~13ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2018/12/Maestro2S-ManualV1.1-web-OL.pdf
・MaestroFLシリーズの場合:12~13ページに記載
https://www.archisite.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/MaestroFL-WEBManual-ver1_0.pdf
Q
キーボード:よくあるご質問
パソコンをスリープからの復帰させた時や再起動させた時に、キーボードが認識されなくなります
A

下記の内容をお試しください。

1.USBセレクティブサスペンドの無効化をお試しください。
(確認・変更方法)
設定>システム>電源とスリープ より
設定画面右側もしくは関連設定の“電源の追加設定”をクリックします。
電源プランの設定またはカスタマイズの、現在選択中の“お気に入りのプラン”の、プラン設定の変更をクリックします。
“プラン設定の変更”の“詳細な電源設定の変更”をクリックし
リスト内の“USB設定”をダブルクリックし “USBのセレクティブサスペンドの設定”が有効であれば、無効へ変更してください。
(※変更後、再起動が必要な場合があります)

2.高速スタートアップの無効
設定>システム>電源とスリープ より
設定画面右側もしくは関連設定の“電源の追加設定”をクリックします。
左メニューの“電源ボタンの動作を選択する”をクリック
管理者権限で“現在利用可能でない設定を変更します”をクリックし、
シャットダウン設定の、“高速スタートアップを有効にする”のチェックボックスを外します。
(※変更後、再起動が必要な場合があります)

Q
Mistel
左右キーボードユニットを接続し、左側ユニットとパソコンを接続しても、キーボードが認識しません
A
対象製品:Mistel Barocco MD600/MD650L/MD770シリーズ

製品の仕様によるものです。
右手側キーボードが親機となるため、左右キーボードユニットを接続し使用する場合は、
必ず右手側キーボードユニット側USBコネクタを用いて、パソコンとUSB接続してください。
Q
Mistel
左手側のキーボードユニットだけでの利用は可能ですか?
A
利用は可能です。
左手側キーボードユニットの左上部にある、
 MD600/650Lシリーズの場合:USB Mini-Bコネクタ
 MD600/650Lシリーズの場合:USB-Cコネクタ
専用USBケーブルを接続し、PCに接続してください。
ただし、マクロ登録は右手側のキーボードユニットに記録されているため、
マクロレイヤー1~3の利用は出来ません。印字通りのレイアウトで操作可能です。
左手側キーボードユニット単体利用の際は、左右ユニットをケーブルで連結しないでください。
Q
Mistel
右側ユニットをパソコンに接続しても反応しません(MD770 RGB BTのみ)
A
MD770 RGB BTシリーズをUSB接続で使用する際は、 “USB接続モード”への切り替え操作が必要です。
LED2が青色で点滅しているが、USB接続できない場合、パソコン側がキーボードを認識しない場合は、
キーボード側が無線(BT)モードのままになっている可能性があります。

【接続・操作方法】 1.左右ユニットをUSB-C to USB-C ケーブルで接続したます。
2.右ユニット右端のUSB-Cポートと、パソコンをUSBケーブルで繋ぎます。
3.MD770 RGB BT側で Pn+2@ のキー操作を行います。

また、無線(BT)モードをお使いの場合は、
MD770 RGB BT側で Pn+1! のキー操作を行い、無線(BT)モード切り替えたのちに、
ペアリング操作や ペアリングチャンネルの切り替えをお願い致します。
※詳しくは、日本語ユーザーマニュアル6ページをご確認ください。