MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト

サポート情報

ホーム > サポート情報 – 検索結果

検索結果

Q
MOBO Keyboard
iPadOSや iOSで日本語かな入力は可能ですか?
A
OS側の仕様制限により、英語配列キーボードとして動作するため、印字通りの入力ができません。
そのため、iPadOSやiOSにおける日本語かな入力には対応できません。
Q
ARCHISS Maestro
突然、左Windowsキーが効かなくなりました
A
キーロック機能がONになっている可能性がございます。
Maestroシリーズには、FPSなどのPCゲームで、誤打するとアプリケーションが
停止してしまうキーを、あらかじめロックする機能があります。

●キー操作:Fn+左Windowsキー
●ON状態でロックされるキー
 ・日本語JIS配列モデル: 左Windowsキー と半角/全角キー
 ・英語US ANSI配列モデル:左Windowsキー
ON状態かどうかは、下記のLEDインジケータで確認が可能です。
・Maestro2Sシリーズの場合:スペースキー下部のLEDインジケータが赤紫色で点灯→ON状態
・MaestroFLシリーズの場合:キーボード右上にLEDインジケータの“GAME”のインジケータで点灯→ON状態
(※MaestroFLでは、LEDインジケータがON状態の時。インジケータ輝度調整とON/OFF の設置も併せてご確認ください。)

取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・Maestro2Sシリーズの場合:11ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2018/12/Maestro2S-ManualV1.1-web-OL.pdf
・MaestroFLシリーズの場合:11ページに記載
https://www.archisite.co.jp/wp-content/uploads/2019/06/MaestroFL-WEBManual-ver1_0.pdf
Q
VORTEX GEAR
アルファベットキーや記号が印字通りに入力できません。
A
本製品は、英語US ANSI配列キーボードです。
現在お使いの外付けキーボードや、お使いのノートPC内蔵キーボードが日本語配列キーボードである場合は、
OS側でハードウェアキーボードレイアウトの変更が必要です。
下記は、Windows10の場合の 設定変更方法です。(※管理者権限でのログインが必要です)
 
1. 左下の Windows マークをタップ(キーボードの Windows キーを押す)
 もしくは画面の右端をスワイプしアクションセンターを立ち上げます
 設定のアイコン(歯車マーク)をタップし、Windows の設定を立ち上げます
2.「時刻と言語」をタップします
3.「地域と言語」をタップします
4.「言語」の「英語」をタップし、「オプション」をタップします
5.「ハードウェアキーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」をタップします
 【英語配列キーボードを接続してるが、日本語配列キーボードとして認識してる場合】
 レイアウトの設定が「日本語キーボード(106/108 キーボード)」になっている場合は、 
 「英語キーボード(101/102 キーボード)」に変更し、サインアウトします。
Q
MOBO Keyboard
日本語配列で認識されません
A
Windowsの場合
Windowsの設定を日本語配列に設定し直してください。
Windows10の場合
1. 左下のWindowsマークをタップ、もしくは画面の右端をスワイプしアクションセンターを立ち上げます。
  設定のアイコン(歯車マーク)をタップし、Windowsの設定を立ち上げます。
2.「時刻と言語」をタップします。
3.「地域と言語」をタップします。
4.「言語」の「日本語」をタップし、「オプション」をタップします。
5.「ハードウェアキーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」をタップします。
6. レイアウトの設定が「英語キーボード(101/102キーボード)」になっている場合は、
 「日本語キーボード(106/108キーボード)」に変更し、再起動します。
 
 
Androidの場合
Androidは販売元によりカスタマイズされているので、基本的には販売元のメーカーにご確認いただく方が確実です。
以上を踏まえた上で、操作が異なる場合がありますが、参考にしていただければと思います。
1. アンドロイドの「設定」の「言語と入力」でキーボードと入力方法等の確認
  また、その辺りで設定が可能な場合がある
2. Google日本語入力等、何かIMEアプリが入っている場合は、ハードウェアのキーボードの設定を見直してください。
かな入力を行う場合には、かな入力設定が可能なアプリを入れていただく必要がある場合があります。
 
 
iOSの場合
日本語配列での認識はしません。黒背景にしてある、英語配列の印字を参考にしてください。
Q
Mistel
パソコン側のハードウェアキーボードレイアウトを正しく設定したが、印字通りに入力できず配列がぐちゃぐちゃになっている。(MD770シリーズ)
A
恐らく何かのタイミングで、キー配列の変更機能が操作されてしまったものと思われます。
 
●キー操作
英語US ANSI配列モデル:Pn+ ‘ “ (Enter 左横のキー)
MD770シリーズでは、通常のQWERTYレイアウトに加え、Colemakレイアウト、Dovorakレイアウトへの変更がキーボード側で切替可能です。
○Colemak 配列に切り替わっている場合の例
 S(s)を打鍵 →R(r)が入力される
 D(d)を打鍵 →S(s)が入力される
○Dovorak 配列に切り替わっている場合の例
 S(s)を打鍵 →O(o)が入力される
 D(d)を打鍵 →E(e)が入力される
 
取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・MD770/MD770 RGBシリーズの場合:7ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/MD770-web-manual.pdf
・MD770 RGB BTシリーズの場合:9ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/Mistel-MD770RGB-BT-Manual-web.pdf
Q
Mistel
アルファベットキーや記号が印字通りに入力できません。(MD770シリーズ)
A
本製品は、英語US ANSI配列キーボードです。
現在お使いの外付けキーボードや、お使いのノートPC内蔵キーボードが日本語配列キーボードである場合は、
OS側でハードウェアキーボードレイアウトの変更が必要です。
下記は、Windows10の場合の 設定変更方法です。(※管理者権限でのログインが必要です)
 
1. 左下の Windows マークをタップ(キーボードの Windows キーを押す)
  もしくは画面の右端をスワイプしアクションセンターを立ち上げます
  設定のアイコン(歯車マーク)をタップし、Windows の設定を立ち上げます
2.「時刻と言語」をタップします
3.「地域と言語」をタップします
4.「言語」の「英語」をタップし、「オプション」をタップします
5.「ハードウェアキーボードレイアウト」の「レイアウトを変更する」をタップします
  【英語配列キーボードを接続してるが、日本語配列キーボードとして認識してる場合】
  レイアウトの設定が「日本語キーボード(106/108 キーボード)」になっている場合は、
  「英語キーボード(101/102 キーボード)」に変更し、サインアウトします。
Q
Mistel
突然、左Windowsキーが効かなくなりました(MD770シリーズ)
A
キーロック機能がONになっている可能性がございます。
MD770シリーズには、FPSなどのPCゲームで、誤打するとアプリケーションが停止してしまうキーを、
あらかじめロックする機能があります。
 
●キー操作:Pn+左Windowsキー
●ON状態でロックされるキー
・英語US ANSI配列モデル:左Windowsキー
※ON状態かどうかを視覚的に確認(LEDインジケータなど)することはできません。ご了承ください。
 
取扱説明書にも記載がございますので、今一度ご確認ください。
・MD770/MD770 RGBシリーズの場合:7ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/MD770-web-manual.pdf
・MD770 RGB BTシリーズの場合:9ページに記載
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/Mistel-MD770RGB-BT-Manual-web.pdf
Q
Mistel
MD770/MD770RGBシリーズ(有線モデル) ファームウェアアップデート
A
■ファームウェア更新(2020年10月20日公開)
●内容
【改善】
 スリープ・休止・ハイバネーションモードからの復帰時に、
 左側ユニットが反応しなくなる問題への対策。
(※OS側の設定もあらかじめご確認ください。)
【新機能】
 macOS風配列最適化モード下(DIP1がON状態)において、
 Fn+F1~F12 のキー操作で、F1~F12が使用できるキーバインドを追加。
 
●注意
 ファームウェアアップデータは、exe形式のファイルになります。
 WindowsOSがインストールされたパソコンをご用意ください。
 macOS対応アップデータのリリース予定はございません。
 
■ファームウェアの更新手順
1. 下記URLからZIPファイルをダウンロードし、解凍してください
MD770(LEDバックライト無モデル)
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/MD770-Firmware-20201020.zip
MD770RGB(RGB LEDバックライト有モデル)
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/MD770-RGB-Firmware2021020.zip
 
解凍後のフォルダには下記のファイルが出力されます。
【MD770(LEDバックライト無モデル】
・upg_MD770_NL_339_2.03_Rightside
・upgMD770_NL_1.02.02_Leftside
【MD770RGB(RGB LEDバックライト有モデル)】
・upg_MD770_339_2.03_Rightside
・upgMD770_1.02.02_Leftside
 
2. ファームウェアアップデートは、左右各ユニットそれぞれに対して行う必要があります。
下の写真の通り、両ユニットを接続せず単独でパソコンにつないでください。

 
3.ファイル名末尾“Rightside”が右ユニット用、 “Leftside”が左ユニット用です。
 パソコンに接続しているユニットに合わせて。各exeファイルを実行します。
4.“Current keyboard firmware version”に記載されているものが、現在のファームウェアバージョンです
  ファームウェアを更新しない場合は、OKを押さず、ソフトウェアを終了してください
 
5. OKを押すとアップデートが開始されます
 ファームアップデート中は、USBケーブルを外したり、PCをシャットダウンしないでください
 
6. “Upgrade OK”というポップアップができますとアップデート完了です
 ポップアップのOKボタンを押してください。exeファイル閉じる際は、タスクバーのアイコンを右クリックし、
 “ウィンドウを閉じる”でプログラムを終了してください
 
7.アップデートが終わった片方のユニットをパソコンから取り外し、もう一方のユニットをパソコンとつなぎます。
  接続後上記3~6の工程を行ってください。
Q
Mistel
MD770 RGB BTシリーズ ファームウェアアップデート
A
■ファームウェア(更新日:2020年10月22日) 
●内容
【改善】
 高速打鍵時の左ユニット側の入力遅延への対策。
【修正】
 無線(BT)モードの際、キーボードが省電力モード(スリープモード)に入るまでの時間を延長。
【新機能】
 macOS風配列最適化モード下(DIP1がON状態)において、
 Fn+F1~F12 のキー操作で、F1~F12が使用できるキーバインドを追加。

◎ファームウェアアップデータは、exe形式のファイルになります。
 WindowsOSがインストールされたパソコンをご用意ください。
 macOS対応アップデータのリリース予定はございません。

■ファームウェアの更新手順
1. 下記URLからZIPファイルをダウンロードし、解凍してください
MD770 RGB BT
https://archisite.co.jp/wp-content/uploads/2020/10/MD770-RGB-BT-Firmware-20200917-1.zip

解凍後のフォルダには下記のファイルが出力されます。

【MD770(LEDバックライト無モデル】
・upg_MD770_BT_3.00_Rightside
・upg_MD770_BT_41A_3.00_Leftside

2.左右両ユニットつなぎ、USBケーブルでPCと接続してください。
 その後、Pn+2@ のキー操作で、“USB有線モード”にあらかじめ切り替えをしてください。

3. ファームウェアアップデートは、左右各ユニットそれぞれに対して行う必要があります。
 下の写真の通り、両ユニットを接続せず単独でパソコンにつないでください。

※2の工程で、“USB有線モード”になっておらず、無線(BT)モードのままの場合、右ユニットのアップデートが行いません。

4.ファイル名末尾“01R”が右ユニット用、 “02L”が左ユニット用です。パソコンに接続しているユニットに合わせて。各exeファイルを実行します。

5.“Current keyboard firmware version”に記載されているものが、現在のファームウェアバージョンです
  ファームウェアを更新しない場合は、OKを押さず、ソフトウェアを終了してください

6. OKを押すとアップデートが開始されます。ファームアップデート中は、USBケーブルを外したり、PCをシャットダウンしないでください

7. “Upgrade OK”というポップアップができますとアップデート完了です
  ポップアップのOKボタンを押してください。exeファイル閉じる際は、
  タスクバーのアイコンを右クリックし、“ウィンドウを閉じる”でプログラムを終了してください
 
8.アップデートが終わった片方のユニットをパソコンから取り外し、もう一方のユニットをパソコンとつなぎます。接続後上記3~6の工程を行ってください。
Q
VORTEX GEAR
Vortex Pok3r v2 ファームウェアアップデート
A
■Version1.01.00 更新・改善内容
〜改善〜
・前Versionで、マクロプラグラミングを使用した際に、CapsLockキー位置へのリマッピングが正しく反映されない問題を改善しました。

〜更新〜
・ポーリングレートが125Hzから1000Hzへ変更
・6キーロールオーバー →Nキーロールオーバーへ変更
・OS最適化モードを追加
 (操作方法)
 1.Pn+Q …標準US ANSII配列[Windowsモード]
 2.Pn+W …左AltとSYS(Windowsキー)のキー位置入れ替え[macOS US配列風モード]
 3.Pn+E …左CtrlとCapsLockのキー位置入れ替え[LinuxOSモード]


■ファームウェアの更新手順
1. 下記URLからZIPファイルをダウンロードし、解凍してください
https://archisite.co.jp/vortex/pok3r-v2-fw/upg0326_1.00.zip

2. 解凍後に現れるexe形式のファイル“upg0326_1.00”を実行してください(※MacOSでの使用不可)

3. “Current keyboard firmware version”に記載されているものが、現在のファームウェアバージョンです
 ファームウェアを更新しない場合は、OKを押さず、ソフトウェアを終了してください

4. OKを押すとアップデートが開始されます
 ファームアップデート中は、USBケーブルを外したり、PCをシャットダウンしないでください

5. “Upgrade OK”というポップアップができますとアップデート完了です
 ポップアップのOKボタンを押してください。exeファイル閉じる際は、タスクバーのアイコンを右クリックし、
 “ウィンドウを閉じる”でプログラムを終了してください。