MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト
ニュース
ホーム > ニュース > 新製品 > ドイツのゲーミングデバイスブランド「Endgame Gear」より 新ゲーミングマウス「XM1r」を販売開始

ドイツのゲーミングデバイスブランド「Endgame Gear」より 新ゲーミングマウス「XM1r」を販売開始

ドイツのゲーミングデバイスブランド「Endgame Gear」より新ゲーミングマウス「XM1r」を販売開始
 
株式会社アーキサイト(本社:東京都台東区、代表取締役:林 庫次郎)は、正規輸入販売総代理店を務める
ドイツのゲーミングデバイスブランド「Endgame Gear」(エンドゲームギア)より、
新ゲーミングマウス「XM1r」(エックスエムワンアール)を2021年4月15日(木)より販売開始いたします。
 

商品URL:https://archisite.co.jp/products/endgame-gear/xm1r/

【“リフレッシュ”されたXM1】
「XM1r」は、Endgame Gearの主力マウス「XM1」のフォルムと握り心地はそのままに、センサー、スイッチ、ケーブルなど基幹部分を改善したリニューアルモデル。XM1の発売からおよそ2年を経て、コミュニティから受けた様々なフィードバックを生かし、eスポーツのタフな環境でも耐えられるようパワーアップ。つかみ持ち・つまみ持ちに最適な“くぼみ”のある流線形フォルム、約70グラムの軽量感、剛性の高いシェル構造は前作より継承。eスポーツの歴史が長いドイツのプロフェッショナル達によって考え抜かれたフォルムは、激しい対戦環境でも最大限の能力を発揮する。

【XM1r 特長と変更点】
1. さらなるパフォーマンスを追求したセンサー
センサーとファームウエアの組み合わせを一から見直し、前作を上回るパフォーマンスを追求して再設計。幾度に及ぶテストと微調整を繰り返した結果、センサーはPixArt PAW3370を採用、有線マウスとしては性能面で業界最高水準に到達。DPIはMax19,000、リフトオフディスタンスは最低1mmに。
2. スイッチを厳選し絶妙なクリック感
メインボタンは最新Kailh GM 8.0スイッチに変更。クリック荷重が55-60gfの範囲内に統一されるよう厳選したスイッチだけを採用し、快適かつ高速なクリックを実現。また、サイドボタンのTTCマイクロスイッチも、サクサクしたクリック感にアップグレードし、耐久性も向上。
3. 強度を高めた新ケーブル
新しいパラコードケーブル「Flex Cord 2.0」は、前作とほぼ同等の柔軟性を保持しつつ、耐久性を向上させた新ケーブル。密度を高めた高品質なスリーブとわずかに太めのワイヤーを使用し、ゲーム中の激しい動きにも動じない長寿命を追求。
4. 2種類のマウススケートに対応
パッケージには、本体にデフォルトで付いている四隅のスケート(小)と、左右に広い幅のスケート(大)2種類が付属。素材はともにPTFE製、厚みはどちらも0.8mm。マウス裏の接着面は双方に対応しているため、好みに合わせて両使いできるのが魅力。
5. 新ソフトウェアでカスタマイズ可能(近日公開予定)
ボタン設定、センサー設定、ファームウェアアップデート等が行えるソフトウェアを「XM1r」専用に用意。下記URLからダウンロードして使用。
https://www.endgamegear.com/en/downloads
※ソフトウェアは近日公開予定。


関連コンテンツ