MENUCLOSE
ダイレクトショップ
PC・スマートフォン周辺機器なら
株式会社アーキサイト
ニュース
ホーム > ニュース > 独自キー配列の究極のコンパクトキーボード LEOPOLD FC660Cシリーズ販売開始

独自キー配列の究極のコンパクトキーボード LEOPOLD FC660Cシリーズ販売開始

ニュース
2014.11.07

独自のキー配列を採用した究極のハイエンドコンパクトキーボード
静電容量無接点方式のキースイッチを搭載した
LEOPOLD 66key Electrostatic Capacitive Mini Keyboard
FC660Cシリーズ販売開始


株式会社アーキサイト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林 庫次郎)は、
韓国のHID(Human Interface Device)製品専業メーカー・Leopold(レオポルド)社
FC660Cシリーズ(英語配列)2機種を2014年11月中旬より販売開始致します。

FC660Cシリーズは、独自のキー配列により、一般的なテンキーレスキーボードを
さらに省スペース化したコンパクトキーボードのニュースタンダードとも言えるキーボードです。


FC660C/EG

FC660C/EW


https://archisite.co.jp/products/leopold_keyboard/fc660c/
詳しくは上記URLをご覧ください。


関連コンテンツ